このエントリーをはてなブックマークに追加

超我流、タッチタイピング「G」「H」「C」「V」「M」「N」

タイピングのホームポジションである「F」「J」の左手と右手の人差し指をそれぞれ外側にひとつ移動させます。左手の外側は「G」、右手の外側は「H」です。

左手の人差し指 G
右手の人差し指 H

実はこの列というのは、左手の小指の「A」、「B」「C」を飛ばして左手中指の「D」、「E」は飛ばして、「F」「G」、右手の人差し指「H」、「I」を飛ばして、「J」「K」「L」と「A」から「L」まで、ほぼアルファベット順に並んでいます。

では、この「A」から「L」までメモ帳などを使って順番に小文字で打ってみましょう。

a d f g h j k l   a d f g h j k l

次は、キーボードの下段に移ります。まず左手「F」の左斜め下が「C」、その右隣が「V」です。「C」は中指、「V」は人差し指でタッチします。次に右手「J」の右斜め下が「M」、その左が隣が「N」です。この時「M」「N」ともに人差し指でタッチします。

左手の中指 C 左手の人差し指 V
右手の人差し指 M 右手の人差し指 N

では、この「F」「J」の三角地帯を練習してみましょう。

f c v j m n    f c v j m n

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL : http://gyoumuka.work/wp-trackback.php?p=1249

PAGE TOPへ戻る