このエントリーをはてなブックマークに追加

Access2010 選択クエリ(基本形)

Access 2010バージョンを使って、複数のテーブルをもとに、それらを関連付けて新たに表示させるために、選択クエリを使って作成していきます。では、Accessファイルを開いて、リボンの「作成」タブ、「クエリデザイン」をクリックします。

クエリデザインテーブルの表示」ダイアログボックスが出ますので、参照したいテーブルやクエリを選択します。そして、「追加(A)」ボタンを押します。

テーブルの表示選択したテーブルの「フィールドリスト」が表示されます。

クエリデザイン更にもうひとつのテーブルも追加します。ふたつのテーブルのフィールドリストが表示された時点で、自動的に同じフィールド名どうし(ここでは、「地域ID」)が線で結ばれます。

フィールドリストここで、新たに作成するクエリに表示させるフィールドを選択していきます。まず、「T_地域」から「地域名」をダブルクリックします。すると、クエリデザインの下部分にある「デザイングリッド」に「T_地域」テーブルの「地域名」フィールドが追加されます。

デザイングリッド

次は「T_都道府県」テーブルから「都道府県」フィールドを「デザイングリッド」に追加します。

デザイングリッド新たなクエリに表示させたいフィールドをすべて追加したら、どういうふうにクエリが表示されるかを確認してみます。リボンの「実行」アイコンをクリックします。

クエリデザイン2つのテーブルのフィールドが結合された状態でクエリが表示されます。確認ができたら、右上にある「×」(閉じる)ボタンを押すと、「名前を付けて保存」ダイアログボックスが出るので、「クエリ名」を入力して、「OK」ボタンを押します。

 

クエリの保存

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL : http://gyoumuka.work/wp-trackback.php?p=1502

PAGE TOPへ戻る