このエントリーをはてなブックマークに追加

2つのテーブルを比較して、レコードの差分を取得する。(Access)

こちらは、「日付」、「店ID」、「期首在庫」フィールドからなる、「T_期首在庫」テーブルです。今、「店ID」フィールドには、「1」、「2」の2つの店IDが入力されています。

テーブル

次にこちらは、「店ID」、「仕入金額」フィールドからなる、「Q_仕入」クエリです。これは、「T_仕入」テーブルから1か月間の仕入金額を抽出して、それらを「店ID」ごとに合計したものです。「店ID」フィールドには、「1」、「2」、「4」、「5」の4つの店IDが入力されています。

クエリ

これから、このテーブルとクエリの「店ID」データを比較して、「Q_仕入」クエリにはあるが、「T_期首在庫」テーブルには無いデータ(差分)を取得していきます。

  1. リボンの「作成」タブから、「クエリデザイン」を開きます。
  2. 「T_期首在庫」テーブルと「Q_仕入」クエリをクエリフィールドに追加します。
  3. 「T_期首在庫」の「店ID」フィールドと、「Q_仕入」の「店ID」フィールドをデザイングリッドに追加します。
  4. 「T_期首在庫」の「店ID」フィールドを「Q_仕入」の「店ID」フィールドまでドラッグして、「店ID」どうしを結合させます。

クエリデザイン

いちど、この時点でクエリを、リボンの「実行」ボタンを押して実行してみます。すると、「T_期首在庫」と「Q_仕入」の両方ともにあるデータのみが表示されます。ですが、今回取得したいのは、「Q_仕入」にだけあるデータです。

クエリ

そこで、「T_期首在庫」と「Q_仕入」を繋いでいる結合線上で右クリックして、「結合プロパティ」をクリックします。

クエリデザイン

 

「結合プロパティ」ボックスが出るので、「3:’Q_仕入’の全レコードと’T_期首在庫’の同じ結合フィールドのレコードだけを含める。」を選択して、「OK」ボタンを押します。結合プロパティ

結合線が、「Q_仕入」から「T_期首在庫」に向けた矢印のついた結合線に変わります。

クエリデザイン

クエリを実行すると、「Q_仕入」の全レコードが表示されますが、今回取得したいデータは、「T_期首在庫」には無いデータなので、「店ID」の「1」と「2」については、取得する必要はありません。

クエリ

そこで、「T_期首在庫」の「店ID」フィールドの抽出条件に「IS Null」を指定します。

クエリデザイン

これで、「Q_仕入」にあって、「T_期首在庫」には無いデータのみを取得することができます。

クエリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL : http://gyoumuka.work/wp-trackback.php?p=2358

PAGE TOPへ戻る