このエントリーをはてなブックマークに追加

コマンドボタンのデザインの変更。(Access)

フォームにコマンドボタンを設置すると標準では、このようなデザインになります。

コマンドボタン

コマンドボタンのデザイン

では今回は、このコマンドボタンのデザインを変更していきますので、まず、フォームをデザインビューで開きます。

フォームデザイン

「フォームデザインツール」の「書式」タブを選び、「クイックスタイル」をクリックします。

フォームデザインいくつかの色のパターンがありますので、好きな色を選びます。今回は、薄めの色から3色を選びました。

クイックスタイル

フォームビューで開きますと、コマンドボタンの色がこのように変わります。では、さらにボタンの装飾を変更します。

コマンドボタン

「書式」タブの中から、「図形の変更」をクリックします。デフォルトでは、角に丸みを帯びた形ですが、これを長方形に変更します。

図形の変更

「図形の枠線」から、「透明」を選びます。

ボタンデザイン

「図形の効果」から、「影」、「影なし」を選びます。「光彩」「ぼかし」「面取り」については、デフォルトでは、「なし」になっていますので、そのままにしておきます。

ボタンデザイン

以上でフォームビューで開くと、このようになります。フラットデザインを意識して、コマンドボタンにほとんど、装飾は付けないようにしています。

コマンドボタン

カラーコード

では、ボタンの色を「カラーコード」を指定して、変更してみます。フォームをデザインビューで開きます。コマンドボタンを選択して、プロパティシートを開きます。「書式」タブの「背景色」にカラーコードを指定することで、ボタンの色を変更することができます。今回は「#FFE8ED」にしています。「ポイント時の色」「クリック時の色」をともに「#E9FFAD」にしています。

このカラーコードは、「#」と6桁の英数字の組み合わせで出来ています。実はこの6桁の英数字も「RGB」つまり、赤、緑、青の濃度の組み合わせで、英数字の左から順に、2桁ずつ、赤の濃度、緑の濃度、青の濃度となっていて、それぞれ、「00」から「FF」までの16進数の組み合わせ(10進数では0~255)で出来ています。

例をあげると、「#FF0000」が赤、「#00FF00」が緑、「#0000FF」が青、そして、「#FFFFFF」が白、「#000000」が黒となります。また、「#888888」や「#CCCCCC」など、6桁とも同じ数字や同じアルファベットに揃えると、それぞれ、濃度の違うグレー色となります。

フォームデザイン

フォームの背景色は、「詳細」プロパティの「背景色」を指定します。「#FFFDE6」としています。

フォームデザイン

フォームをフォームビューで開きます。「コマンド1」はボタンにマウスポインタを合わせたときの色です。

フォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL : http://gyoumuka.work/wp-trackback.php?p=2542

PAGE TOPへ戻る