このエントリーをはてなブックマークに追加

自動クイックヒント(入力支援機能)を使う。

Accessのフォームやレポートのプロパティシートに式を記述するときや、Visual Basic Editorで、コードを記述するとき、自動クイックヒントを使って記述をスムーズにしていくことができ、これを上手に使っていくと、大変便利な機能となります。

フォームのプロパティシートでクイックヒントを利用する

フォームに設置しているテキストボックスのコントロールソースにSum関数を設定します。プロパティシートを開いて、テキストボックスの「データ」タブのコントロールソースの欄に、「=su」と入力します。すると「su」で始まるリストが表示されるので、「Sum」を選んで、「TAB」キーを押します。

フォームデザイン

そうすると、「=Sum(」と入力され、その下にクイックヒントが表示されます。

Sum(expression)

この「expression」は、Sum関数に指定する引数で、「expression」には、テーブルのフィールド名を指定します。ここでのフィールド名は、フォームのレコードソースに指定している、テーブルまたはクエリである必要があります。

フォームデザイン

ここでは、「金額」フィールドを指定しますので、「金」と入力して、Enterキーを押すと、「金額」フィールドが表示されますので「TAB」キーを押します。

クエリデザイン

「金額」フィールドが入力されるので、最後に括弧で閉じて、Enterキーを押して確定させます。

フォームデザイン

Visual Basic Editorでクイックヒントを利用する

VBEでコードを記述するときにも自動クイックヒントを利用します。ここでは例として、DoCmd.GoToRecord メソッドを入力します。DoCmd.GoToRecordのあと、スペースキーを押すと、クイックヒントが表示されます。ここでは、4つの引数が指定できます。

VBE

引数 データ型 内容
ObjectType(省略可) AcDataObjectType オブジェクトの種類を指定します。
ObjectName(省略可) Variant型 オブジェクトの名前を表す文字列式。
Record(省略可) AcRecord クラス カレントレコードにするレコードを指定します。
Offset(省略可) Variant型 移動するレコード数を表す数式を指定します。

ここでは、引数「ObjectType」と「ObjectName」は省略しますので、カンマを2つ入力します。省略すると、今開いているフォームを指定することになります。3つ目の引数「Record」のところは、メンバー表示が現れます。

VBE

引数 内容
acFirst 先頭のレコードをカレント レコードにします。
acGoTo 指定したレコードをカレント レコードにします。
acLast 最後のレコードをカレント レコードにします。
acNewRec 新しいレコードをカレント レコードにします。
acNext 次のレコードをカレント レコードにします。
acPrevious 前のレコードをカレント レコードにします。

例えば、7番目のレコードをカレントレコードにするときは、

DoCmd.GoToRecord , , acGoTo , 7

と記述します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL : http://gyoumuka.work/wp-trackback.php?p=3099

PAGE TOPへ戻る