このエントリーをはてなブックマークに追加

検索フォームを追加する。

次のようなサンプルフォームがあったとします。これは、サンプルなので、とてもシンプルな形ですが、売上入力フォームとしています。

Access 売上フォーム

例えば、このフォームの「商品ID」を入力しようとするときに、入力したい商品のID番号がすぐに出てこなかったとします。そこで、新たに検索フォームを追加して、商品名から商品IDを割り出すようにしていきます。このとき、商品名は登録している商品名ズバリでなくとも、部分一致で候補があがるように、あいまい検索機能を使うようにします。

まずは、新たに検索用のフォームを作成しますが、次のような感じで、各コントロールを配置します。

Access 検索フォーム

「商品名」と書かれた薄紫色の帯はラベルですが、この下にテキストボックスを配置しています。ここに、入力したい商品名か、または商品名の一部分を入力して、その右に配置してあります、「検索」という、これは「ボタン」ですが、クリックすると、その下のテキストボックスに、部分一致する候補を表示させるようにします。

では、この「商品名検索」フォームをデザインビューで開きます。

Access 検索フォームデザイン

 

プロパティシートには、このフォーム全体のプロパティを表示させています。まず「書式」タブを選択します。ここでのポイントは、

標題 商品名検索
既定のビュー 帳票フォーム

「標題」は、このフォームがなんのフォームかわかるように「商品名検索」としておきます。そして、「既定のビュー」「帳票フォーム」に指定します。これは、レコードの内容をページ内に一覧で表示させるときに使います。

では、この「商品名検索」フォームとテーブルのデータとを、結び付けていきます。今度はプロパティシートの「データ」タブを選択します。

Access 検索フォームデザイン

レコ-ドソース T_商品

ここでは、「レコードソース」から「T_商品」を選択して、このフォームにテーブル「T_商品」のデータを表示させるようにします。

つづいて、フォームの「詳細」の中に設置しているテキストボックス「tx_商品ID」を選択して、そのプロパティシートを表示させます。

Access フォーム検索デザイン

tx_商品ID
コントロールソース 商品ID

テキストボックス「tx_商品ID」テーブル「T_商品」の中の「商品ID」というフィールドを関連付けて、表示させるようにします。同様にテキストボックス「tx_商品名」にテーブル「T_商品」の中の「商品名」というフィールド、テキストボックス「tx_製造国」にテーブル「T_商品」の中の「製造国」というフィールドをそれぞれ関連付けます。

tx_商品名
コントロールソース 商品名
tx_製造国
コントロールソース 製造国
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • […] 「検索フォームを追加する」のページで、「商品名検索」フォームとテーブル「T_商品」を関連付けたので、この「商品名検索」フォームには、「T_商品」のデータ一覧が表示されるようになりました。そこで、この一覧から、探したい商品名、あるいは、キーワードをテキストボックスに入力することで、一覧表示を絞り込んでいきたいと思います。 […]

    2017年7月8日11:25 PM| 検索フォームを追加する(後編)。 » Accessカスタマイズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL : http://gyoumuka.work/wp-trackback.php?p=3524

PAGE TOPへ戻る