このエントリーをはてなブックマークに追加

Access2010 フォームの作成

Access 2010バージョンを使って、フォームを作成していきます。Accessには、フォームウィザードという便利な機能があり、手順に従っていけば、とても簡単に、しかもほぼ自動的にフォームを作っていくことが可能です。ただ、フォームが出来上がったあとに、テキストボックスなどのオブジェクトのレイアウトをもっと自分の好きなように配置したい、などと思ったとき後から変更していくのは結構面倒な作業であったりもします。フォームの作成が少し慣れてくると、デザインビューを使って真っ白な状態からフォームを作っていくほうが楽になってきます。ですので、今回はそのデザインビューを使って、フォームを作っていきます。

まずは、Accessのリボンにある「作成」タブを選択して、「フォームデザイン」をクリックします。

フォームデザイン

そうしますと、マス目のついたフォームがデザインモードで現れます。このマス目は1cm四方のマスになっていて、テキストボックスなどを配置していくのにとても便利です。ではまず、テキストボックスを配置してみます。「フォームデザインツール」にある「デザイン」を選択して、オレンジ色の丸印の「テキストボックス」のアイコンをクリックします。そして、フォームデザイン上の適当な所にクリックします。

フォームデザイン

そうすると、テキストボックスが配置され、「テキストボックスウィザード」という画面も現れます。ですがここでは、このウィザードは使用しないので、「キャンセル」ボタンを押します。すると、フォームデザインには、テキストボックスとラベルがひとつずつ出来てます。そして、左側に出来ているラベルも、いったん削除してしまいます。ラベルは後でまた必要に応じて作成していくこととします。

フォームデザインここからは、「プロパティシート」を使って、テキストボックスの設定を指定していきます。プロパティシートが表示していない場合は、リボンの「プロパティシート」をクリックして、表示させます。テキストボックスを選択して、オレンジ色の枠が付くと、このテキストボックスのプロパティの内容が表示されます。このテキストボックスの名前が「テキスト2」です。

プロパティシートでは、まずここで設定しておきたいプロパティをみていきましょう。まず、「書式」タブを選択します。まずは、高さです。こちらは、ミリ単位まで細かく設定できますが、実際の設定は基本的には0.5cm単位までにしておきましょう。多くのオブジェクトを配置していくときに、左右、上下の位置なんかを揃えて配置していくのにそのほうがとても都合が良いです。次に上位置左位置です。「上位置」はデザインビューの一番上から何cmかの位置、「左位置」は同様に一番左から何cmかの位置です。こちらも0.5cm単位で綺麗に配置するようにします。

ではここで、フォント名」と「フォントサイズを設定していきます。ここで、フォントとサイズを指定することができれば、あとはこのテキストボックスをコピーしていけば、同じ設定のテキストボックスを作っていくことができます。

プロパティシート同じように、「ラベル」「ボタン」「コンボボックス」を作っていって、サンプルではこんな感じのフォームデザインになっています。マス目に合わせて配置していくと簡単に綺麗に並べることができます。緑色のが「ラベル」、青色が「ボタン」上の白色のが「テキストボックス」、下の白色が「コンボボックス」です。最後に「閉じる」ボタンを押して、名前を付けて保存します。

フォームデザインフォームを通常の状態「フォームビュー」で開くとこのような感じです。入力作業などをするときはこの画面で行います。フォームデザインは後から変更や追加が可能なので、この後もいつでも自分の思うようにフォームを作っていくことができます。

 

フォーム サンプル

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL : http://gyoumuka.work/wp-trackback.php?p=3526

PAGE TOPへ戻る