このエントリーをはてなブックマークに追加

テキストボックスのIMEモードを制御。

次のようなサンプルフォーム(売上入力フォーム)があるとします。

Access 売上フォーム

例えばこのフォームにある、「摘要」というテキストボックスにカーソルがきたときに、IMEモードが場合によって自動で切り替わるように、設定したいと思います。このフォームには「区分」というコンボボックスがありますが、ここで、「1: 売上」「2: 値引」という項目を選択できるようになっています。

Access コンボボックス

そこで、「1: 売上」を選択したときには、「摘要」のIMEモードをオフに、そして、「2: 値引」を選択したときには、「摘要」のIMEモードを「ひらがな」にそれぞれ変わるように、VBAを使って設定していきます。具体的には、コンボボックス「区分」カーソルが離れた後に、テキストボックス「摘要」IMEモードを切り替えるような設定を行います。ですのでここでは、例えば通常の入力業務などで、「区分」から順番に入力を行い、最後に「摘要」欄にカーソルがきて、次のページへと移り、次の入力を続けていくという流れを想定していて、「区分」の変更にかかわらず、毎回「区分」にカーソルが行くことを想定しています。

では、フォームをデザインビューで開いて、コンボボックス「区分」を選択し、プロパティシートを開きます。次に「イベント」タブを選択し、そのなかの「フォーカス喪失後」「コードビルダー」を選び、VBEを起動させ、VBAコードを記述します。

Access プロパティシート

VBAコードは、Select Case ステートメントを使って、以下のように記述します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL : http://gyoumuka.work/wp-trackback.php?p=507

PAGE TOPへ戻る