このエントリーをはてなブックマークに追加

超我流、タッチタイピング「F」「J」「D」「K」

タッチタイピングの基本中の基本は、なんといってもキーボードのホームポジションです。ホームポジションとは、キーボードを触るときに初めに左右それぞれの指を置く場所のことです。その中でも特に「F」「J」です。

左手の人差し指 F
右手の人差し指 J

しかもキーボードの「F」と「J」にはキーの部分に突起物が付いていて、キーボードを見ないでも指をさっと置くことができるのです。まずは「F」「J」「F」「J」と覚えましょう!

では、「Word」かなにかを開けて、このFとJを実際に打ってみましょう。

fjfj fjfj fjfj ffjj ffjj

例えばこんな感じでひたすら打ってみましょう。F J F  J F J F J です。

次は、左右それぞれの中指です。中指のホームポジションは「D」「K」です。先ほどの「F」と「J」と同じ列のそれぞれ外隣にありますね。こちらも、Wordで「D」「K」「D」「K」と、タイピングの練習をしてみましょう。

左手の中指 D
右手の中指 K
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL : http://gyoumuka.work/wp-trackback.php?p=785

PAGE TOPへ戻る