このエントリーをはてなブックマークに追加

Access2010 フィールドの最大値

Access 2010バージョンを使って、「選択クエリ」を作成し、フィールドの最大値を参照します。ではまずファイルを開いたら、画面上部にあるリボンの中から、「作成」タブを選択して、「クエリデザイン」をクリックします。

クエリ作成そうすると、「テーブルの表示」ボックスが出てきます。「クエリ」というのは、例えばファイルに元々あるテーブルのデータから、必要な項目だけを抜き出して、データの内容を見やすくしたり、あるいは、集計をしたりするときにクエリを使ったりします。今回は例として、3つあるテーブルの中から「T_売上main」のデータを集計したいのでこれを選択して下の「追加」ボタンを押します。

テーブルの表示そうすると、画面の上部分に「T_売上main」の「フィールドリスト」と呼ばれるフィールドの一覧が現れます。この中から今回必要とする「伝票番号」フィールドを選択したいと思います。「フィールドリスト」が表示されたら、「テーブルの表示」ボックスは「閉じる」ボタンを押して閉じます。

テーブルの表示このクエリのデザインビュー画面は、おおまかにこの上下2つの画面で主に作業をします。この下のほうの「デザイングリッド」と呼ばれる部分がこれから作る新しいクエリの中身となっていきます。では、画面上部「T_売上main」の中から、「伝票番号」をダブルクリックします。そうすると、画面下部の一番左側の「フィールド」の欄に「伝票番号」と表示されます。その下の「テーブル」「T_売上main」は元のテーブルがこれですよということを表しています。

クエリデザイン

では、ここからこの「伝票番号」フィールドをクエリで少し編集していきます。「伝票番号」フィールドにいくつかの伝票番号データが既に存在しているとして、今回はその中から伝票番号の最大値を表示させたいと思います。最大値をいうことは、もしデータが新しく記録されていくときに、ごくごく一般的に伝票番号の数字が順番に大きくなっていくとしたら、これは、最新、あるいは最終の伝票番号を表示させるという言いかたもできますね。

クエリ デザインまず、画面上部リボンの「デザイン」タブの中から「集計」をクリックします。すると、下のデザイングリッドをよく見ると、「テーブル」と「並べ替え」の間に「集計」という項目が追加され、「グループ化」と表示されています。こちらをクリックすると、ドロップダウンリストになっていて、いろいろな項目から選択できるようになっています。今回はその中から、「最大」を選びます。

クエリ デザインここまでできたら、右上にある「x」閉じるボタンを押します。「クエリの変更を保存しますか?」とボックスが出ますので、「はい」を押します。クエリ デザイン「名前を付けて保存」ボックスが出るので、任意のクエリ名、ここでは、Q_Umaxと名前を付けます。以上で選択クエリがひとつ出来上がりました。

クエリ デザイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL : http://gyoumuka.work/wp-trackback.php?p=830

PAGE TOPへ戻る